タグ別アーカイブ: 集会

9・17集会 許さない!イスラエルとの軍用無人機共同研究

>印刷用チラシはこちら

8月24日の毎日新聞朝刊に「ロボット部隊 幕開け」と題して、イスラエル
軍によるロボット武装軍用車の「世界初」配備が報じられました。これは、
技術の進歩などではなく、退化であり、堕落です。こうしたイスラエルと
日本が無人偵察機を共同研究しようとの信じられない企てが、水面下でう
ごめいています。

防衛装備庁も企業も、表向きは共同研究の準備を否定しています。この企
てが公式に明らかになる前に、水面下にある今の段階で大騒ぎをして潰し
てしまわなければいけません。

NAJATでは、9月17日に志葉玲さん、高橋宗瑠さん、望月衣塑子さんをお呼
びして、以下の集会を行います。ぜひご参加ください。また、後半には、
共同研究への参加を打診されていると見られる3つの企業へのアクション
の呼びかけを掲載しました。短いものでも構いませんので、電話やメール
で声を届けてください!

イスラエル軍 自動運転の武装軍用車、実戦配備を開始
(8月24日、毎日、動画あり)
http://mainichi.jp/articles/20160824/k00/00m/030/061000c

<こちらもやめさせなければ>
超速射・レールガン(電磁加速砲)を日本独自で開発へ
中露ミサイルを無力化 防衛省が概算要求(8月22日、産経)
http://www.sankei.com/politics/news/160822/plt1608220009-n1.html

———————————-

★許さない!イスラエルとの軍用無人機共同研究 NAJAT 9.17集会

2016年9月17日(土) 13:30~16:30 (開場13:15)
水道橋・在日韓国YMCAアジア青少年センター9階国際ホール
(JR水道橋駅東口より徒歩5分、都営三田線水道橋駅A1出口より徒歩7分)
アクセス http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
会場電話:03-3233-0611

資料代 800円 (申し込み不要)

防衛装備庁がイスラエルと軍用無人機を共同研究する準備を進めている
ことが明らかになりました(6月30日付、共同通信)。イスラエルの無人
機技術に日本の高度なセンサー技術などを組み合わせるもので、日本側は
富士重工業や、三菱電機、NECに参加が打診されています。

イスラエルはパレスチナ・ガザ、また隣国レバノンに対して、空爆や地
上戦などを繰り返し、多数の人々を殺傷してきました。こうしたなかで無
人偵察機は、民間人や学校、病院などを爆撃する戦争犯罪を遂行するため
に不可欠の役割を果たしてきました。日本が共同研究に加わることは、パ
レスチナの人々への加害者となり、憲法9条のもとであり得なかった「死
の商人国家」になることです。

そのような悪夢を拒否し、現実となることを阻むために、何が起きてい
るのか、どうすべきかを共有するために、この集会を呼びかけます。ぜひ、
ご参加ください。

<プログラム>
1.「ガザの現場から見た無人機戦争」
志葉玲さん(フリーランスジャーナリスト)

(しば・れい)1975年生まれ。番組制作会社を経て、2002年春から環境、
平和、人権をテーマに活動。2010年より、イラク戦争の検証を求めるネッ
トワーク事務局長。2009年と13年、14年にパレスチナ自治区ガザを取材し
た。著書に『たたかう!ジャーナリスト宣言~ボクの観た本当の戦争』
(社会批評社)。

2.「イスラエルの戦争犯罪と安倍政権」
高橋宗瑠さん(元国連人権高等弁務官事務所パレスチナ副代表)

(たかはし・そうる)1968年生まれ。アムネスティ・インターナショナル
日本支部および国際事務局、国際移住機関、国際犯罪防止機関勤務を経て、
国連人権高等弁務官事務所パレスチナ事務所副所長としてエルサレム駐在。
2014年ビジネス・人権資料センターの初代駐日代表に就任。著書に『パレ
スチナ人は苦しみ続ける~なぜ国連は解決できないのか』(現代人文社)。

3.「最新報告:武器輸出と日本企業」
望月衣塑子さん(東京新聞記者)

(もちづき・いそこ)1975年生まれ。東京・中日新聞入社後、東京地検特
捜部など、事件を中心に取材。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑
をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。武器輸出、軍学共同
などをテーマに取材を続ける。著書に『武器輸出と日本企業』(角川新書)。

4.ディスカッション

5.行動提案 杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク代表)

主催:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
ブログ https://najat2016.wordpress.com/
ツイッター @AntiArmsNAJAT ※フォローしてください!
Facebook https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

署名締め切り目前!現在9000筆間近&緊急集会のお知らせ

昨日より呼びかけている署名ですが、おかげさまで1万筆に迫る勢いです。
4月10日までですので、引き続き拡散よろしくお願いします!

<緊急署名(第1次集約:4月10日)>
売るな、潜水艦
― 私たちは、日本が「死の商人国家」になる姿を見たくない。
【署名はこちらから】
https://goo.gl/8rMSBE

——

【4/9緊急集会】 軍産複合化する日本と私たちの暮らし

軍事力で日本社会の安全保障は守れるのか?
9条があっても、戦争や武器輸出が可能!?
改憲は、なぜ、「緊急事態条項」からなのか?
選挙を前に、安倍政権のねらいを、徹底分析!!

2014年に、十分な国会審議も無いまま、武器輸出三原則が撤廃されまし
た。経団連は経済成長の重要な役割を武器輸出に求める発言を繰り返し、
安倍首相のトップセールスで、日本はオーストラリアに潜水艦を売ろうと
しています。これまで「戦争協力につながる研究はしない」としてきた日
本学術会議の現会長が学長をする大学が、防衛省の戦後初の軍事に関する
研究公募に採用されました。
こうした官、民、学による軍産複合化が進み、「戦争をする国、戦争で
儲ける国」になることは、現行の憲法のもとで許されるのでしょうか?
次の選挙の後、私たちは「戦争をしない」と定めた今の平和憲法を変える
選択をしてしまうのでしょうか? 特定秘密保護法、安保関連法などの新
しい法律とともに、こうした動きは、私たち市民の暮らしをどう変えてい
くのでしょう?

川崎市には、武器生産の生産額トップ10企業の多くが立地します。川崎
市は、沖縄・厚木・横須賀など基地のある自治体と同じように、テロや、
ミサイル攻撃の標的になる可能性があります。また、市民の生活の一部が、
武器を作る企業の税金で支えられています。
川崎市という自治体に暮らす私たちは、身近になってきた「戦争」につ
いて、当事者性を強く持っているという現実があります。これまで、あま
り気にならなかったことかもしれませんが、一度、立ち止まって考えてみ
ましょう。

<Part1> 山田朗さん(明治大学文学部教授)
戦争準備体制の構築:ガイドラインの実現としての自衛隊装備の増強について

<Part2> 杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)
武器輸出の現状と市民の抵抗ネットワーク運動

<Part3> 意見交換&質疑応答

日時:2016年4月9日(土) 18:00~20:40 (開場 17:45)
定員:60名(申込み・先着順)
【申し込み先】 kawasakisecrecybill@gmail.com 070-5586-8592
資料代:500円
場所:川崎市高津市民館 第1音楽室
(駅とペデストリアンデッキで直結しているノクティ2の11階)
JR南武線武蔵溝ノ口駅北口または東急溝の口駅東口から徒歩2分。
☎ 044-814-7603

<山田朗(やまだあきら)さん 明治大学文学部教授>
1956年生まれ。明治大学文学部教授(専攻:日本近現代史・天皇制論・軍
事史)、平和教育登戸研究所資料館館長。現代の軍拡問題については、イ
ラク派兵差し止め訴訟において札幌地裁、名古屋高裁(2008年4月違憲判
決が下され確定判決となった)、岡山地裁での原告側証人をつとめ、自衛
隊のイラク派遣が他国が遂行する戦争への加担するものであること、現代
の軍備拡張が国際的な緊張を高めるものに他ならないことを証言した。
(主な著書に、『護憲派のための軍事入門』(花伝社、2005年)、『日本
は過去とどう向き合ってきたか』高文研、2013年)、『兵士たちの戦場』
(岩波書店、2015年)、『軍事立国への野望?安倍政権の思想的系譜と支
持母体の思惑?』(かもがわ出版、2015年、共著)などがある。

<杉原浩司(すぎはらこうじ)さん NAJAT代表>
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表。1980年代半ばより市民運動に
参加。PKO法反対、故・小田実さんら阪神・淡路大震災被災者による住宅
再建への公的支援を求める「市民=議員立法」、「ミサイル防衛」反対運
動などに関わる。この間、原発、秘密保護法、集団的自衛権、武器輸出な
どへの反対運動を展開。昨年夏の戦争法案審議の際には、集団的自衛権問
題研究会ニュースレビュー編集長として、国会審議ダイジェストを発信。
『宇宙開発戦争―〈ミサイル防衛〉と〈宇宙ビジネス〉の最前線』(ヘレ
ン・カルディコット他著、作品社、2009年)に「日本語版解説」を執筆。
発売中の『世界』別冊「2015年安保から2016年選挙へ」に「国会を市民の
手に取り戻す~「戦後最長国会」審議の内実」を寄稿している。

主催:秘密保護法を考える川崎市民の会
http://secrecy-bill-kawasaki.jimdo.com
共催:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)、高津9条の会
賛同:川崎医療生活協同組合、安倍政権にNO!東京・地域ネットワーク、
ミナカナ川崎
(交渉中)地域の複数の九条の会、地域の戦争法を許さない共同行動など