タグ別アーカイブ: 潜水艦

オーストラリアからのメッセージ

豪潜水艦輸出反対キャンペーンにあたり、オーストラリアの平和活動家デニス・ドーハティさんからメッセージ(彼らが現地でプレスリリースとして出したもの)を頂きましたので公開します。
日本でのアクションの際にはオーストラリアからのメッセージを読み上げさせていただきました。
(*英語の原文は下記)

日本の潜水艦を歓迎しません!
デニス・ドーハティ(オーストラリア反基地キャンペーン連合)

2016年4月15日金曜日

軍事費の削減を求めるグローバルアクションデーである今日この日に、シドニーに日本の潜水艦を停泊させる事はまったく歓迎されません。世界には、軍事費の削減こそ必要だということを示す国が必要とされている中、オーストラリアは、潜水艦に巨額を費やすということで戦争を挑発するメッセージを発信しています。

”私たちは、日本の潜水艦だけでなく、ドイツそしてフランスの潜水艦(の輸入)に反対している。どの国から買おうと、コストは約1500億ドルになる。”反基地キャンペーンのデニス・ドーハティ氏は本日、シドニーでそう述べました。

”6つのコリンズ級潜水艦ですらどうにも出来ないと言われているのに、新たな潜水艦が12も必要だと誰も示す事が出来ていない。(その他の)社会的なニーズが無視される一方で、考えられないほどの浪費だ。”

”潜水艦は戦術兵器で、防衛のためでなく攻撃のために使用される。いったい我々は誰を攻撃するというのだ?最近の防衛白書からでは、潜在的な敵国を特定することはできないのに、一方で1500億ドルも使おうとしている。”

”教師たちには、「潜水艦にはお金をかけ、教育基金にはかけない」、看護師たちには、「F35(戦闘機)は買うが、病院は買わない」、そして精神病患者には、「軍事費に巨額の税金をかけるけど君たちには低水準のサービスで我慢してくれ」、と言っている(ようなものだ)。なんと歪んだ優先順位だろうか。”

”我々は通行人に偽物の100$紙幣を配って、どれだけ莫大なお金が軍事費に浪費されるかをあらわすために、パラマッタにある防衛省のオフィスの前でアクションを行う予定だ。また、アクションにはオーストラリア全土のグループや、軍事費削減を求める世界中のグループが参加する”

From Denis Doherty, The Australian Anti-Bases Campaign Coalition
Japanese Submarine is not welcomed
Friday , April 15, 2016

The tie up of the Japanese Submarine in Sydney today is not welcomed as it arrives on the Global Day of Action on Military Spending (GDAMS). Just when the world needs countries to indicate that is a need to decrease military spending Australia sends a war mongering message of spending up big on submarines.

“We oppose not just Japanese Subs but those of Germany and France for Australia, as it does not matter who we buy from the cost will be around $150 billion.” Said Denis Doherty for the Anti-Bases Campaign today in Sydney.

“No one has ever demonstrated that we need 12 new submarines when we were told that we could not manage 6 Collins Class Subs. This is exorbitant spending while social needs are neglected.

“Submarines are a tactical weapon, which are used for offensive actions and not for defensive actions. Who are we to attack? The recent Defence White Paper was NOT able to identify any potential attacker nation yet we are spending $150 billion!

“We are saying to our teachers you can have submarines but not Gonski, to our nurses you can have F35’s but not hospitals, and to our mentally ill you will have to put up with substandard services while we spend a trillion on the military. What a warped sense of priorities!

“We will be out at the Defence Minister’s office in Parramatta giving the passing pedestrians fake $100 notes to indicate the massive waste of money on the military. We will be joined by other groups from around Australia and around world calling for massive cuts in military spending.

Demonstration today:
venue Parramatta Square 12 noon to 1 and then march on the Minister’s office at 2-12 Macquarie St Parramatta.
For more information contact Denis Doherty 0418 290 663

The submarine arrives on Friday 15 April. No arrival time specified. Also it will leave on Tuesday 26 April. Again, nothing on time.

The Name of the submarine is Hakuryu. The Marine Self Defence Force (navy) commanding officer’s name is Masahiko Kawakubo. The submarine left Japan from Kure on 22 March, arrived in Apra (Guam) on 26 March, and left There on 27 March.

Another important detail is that there will be two other escort vessels.

緊急声明

【声明】オーストラリア潜水艦商戦での日本の落選を歓迎し、すべての武器輸出の中止を求めます

ターンブル豪首相は4月26日、オーストラリアの次期潜水艦計画で、フランスの軍需大手DCNSを共同開発相手に決めたと発表しました。これにより、官民連合でそうりゅう型潜水艦を売り込んできた日本は落選しました。昨年末のNAJAT発足以来、日本の潜水艦輸出を止めるために活動してきた立場から、まずはこの結果を歓迎します。

「官邸が押し込んできた」(海上自衛隊幹部)と言われるほどに、安倍政権が前のめりに進めてきた「死の商人国家」への目論見は、いったん挫折しました。もし受注に成功していれば、日本の武器輸出に大きなはずみがつき、日本版「軍産学複合体」の形成が加速したことは明らかです。豪州のNGOからも「日本から潜水艦を調達することは、日本が長年守ってきた武器輸出禁止の原則を破り、新たな軍産複合体の台頭を助長しかねません」(戦争防止医療従事者協会)と危惧の声が上がっていました。さらに、中国やロシアに対抗するとして日米豪の軍事同盟が強化され、アジア太平洋地域の軍拡競争に拍車がかかり、緊張が高まったことでしょう。今回の日本落選は、こうした負の連鎖を止めるという意味でも、大きな意義があると考えます。

一方で、豪州政府による潜水艦の増強も大きな問題です。豪州の平和活動家からは、「(教育や医療など)社会的なニーズを無視する一方で、考えられないほどの浪費だ」「なんと歪んだ優先順位か」(デニス・ドーハティさん)との声が届いていました。軍事費の削減と暮らしのための予算拡大は、豪州のみならず、日本や中国などにとっても共通の課題です。太平洋を軍拡競争の悪循環から救い出し、信頼醸成と平和メカニズムの構築により、平和の海へと変えなければいけません。

安倍政権は2014年4月1日、「国是」とされ衆参両院の国会決議により補強された武器輸出三原則を、閣議決定のみで撤廃しました。武器輸出は事実上の憲法9条改悪でもあります。昨年10月1日に発足させた防衛装備庁のもとで、国会と主権者を無視して武器輸出に邁進してきたこと自体が根本的に問い直されるべきです。

今回の落選をめぐって、一部のマスコミからは、「武器輸出の司令塔作りを急げ」「経産省など全省庁と企業を巻き込んだ「オールジャパン」の態勢で臨め」などの声が上がっています。しかし、「オールジャパン」と言うなら、武器輸出に反対する多数派市民の声こそを反映させるべきです。
私たちは日本政府に対して、日英ミサイル共同研究や日米「ミサイル防衛」共同開発など、すべての武器輸出を中止するよう求めます。「世界に紛争当事国は存在しない」と公言する安倍政権のもとでは、このまま放っておけば日本製の武器が他国の人々を殺傷するのは必至です。市民の力で「死のセールスマン」と化した安倍政権を退場させ、武器輸出三原則の復活と強化を実現する政府をつくりましょう。世界の武器輸出をやめさせることこそ、憲法9条を持つ日本の役割です。

私たちはまた、軍備増強に反対する豪州市民との連携を強めることに加えて、フランス市民に対しても自国の武器輸出に反対することを呼びかけたいと思います。そして、「Made in Japan」を平和産業の代名詞にするために、国境を超えた市民のネットワークによって死の商人を包囲するために、引き続き力を尽くしていきます。

2016年4月29日
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)

報告「三菱さん川重さん 死の商人にならないで! 神戸アクション」

4/22に神戸で、武器輸出反対のアクションがあり、NAJATからも代表杉原と戸山が参加しましたので報告します(PDFバージョンはこちら)。


 須磨の海に、金色の大きな満月がのぼっていた。朝の波はおだやかに浜に寄せ、また離れていき、瀬戸内の夜が明ける。夜行列車の窓から見えるのは、自衛隊の潜水艦隊が根拠地にする海だ。そして、神戸の大きな造船所では、毎年ごとに新しい潜水艦が、この海へと船台を滑って進水していく。
DSC_0004
 神戸の海岸部にある和田岬駅に着いたのは朝 10 時。改札口もない小さな駅で、乗り降りする人のほとんどは三菱重工の関係者だ。すでに現地のグループ「神戸ピース i ネット(以下 i ネット)」の人々15人ほどが集まっていて、それぞれ帽子やシャツなど、どこかに赤いものを身につけて、賑やかに行動を準備している。この周辺は三菱重工、三菱病院など、三菱関係の事業所だらけの地域だった。
 最初の打ち合わせで、「武器輸出反対ネットワーク(以下 NAJAT)」から、杉原浩司さんが挨拶をする。杉原さんは「オーストラリア側は日本の潜水艦を導入候補から外したという報道があり、安倍政権にとって、この失敗はとても手痛い。市民の側から〈原発、武器の輸出を諦めろ〉という声を強めるチャンスだと思います」と、今の状況について語った。
DSC_0009

 駅から数分のところにある三菱重工・神戸造船所に歩いて向かう。アポイントメントがあったので、すでに三菱重工の社員や守衛が10人ほど待ち構えており、隣り合う建物のスロープにも会社関係者たちが立ってこちらを観察していた。つまり遠巻きに、私たちは取り囲まれていた。三菱重工は「本社総務部神戸総務グループ」の田中さん、岡田さんの二名が対応し、i ネット側は事前に用意した要請文を読み上げたが、会社側は「要請文は受け取るが、内容には答えられない」の一点張りだった。私たちからは「ただ受け取るだけでなく、市民との意見交換の場を設けてほしい」と伝える。

DSC_0019

 要請文とは別に、参加している女性が社員たちに語りかけた。
「私は兵庫区在住で、町内会で工場を見学させてもらったこともありますし、身近な感じがしていたんですが、三菱さんには、やっぱり戦争につながるものは作ってほしくない。そういう地域住民の気持ちも汲んでもらいたいと思います」

i ネットは地元の人々を中心としているので、こういった話が出てくるところがおもしろい。
要請を終えて、参加者間でいろいろなおしゃべりや情報交換をしながら地下鉄に乗り、今度は川崎重工・神戸工場に向かう。約束はしていたが、総務関係者も来ておらず、結局守衛が受け取ることになった。言いたいことはいろいろあったが、ほとんど伝えられずに終わる。「三菱も感じはよくなかったが、最低限のことはしている感じ。川重はもっとひどい」という声も上がる。

 曲がりなりにも三菱は、グループ全体で言えば一般の消費者に近いところにいる。自動車、不動産、銀行、家電……一方で川崎重工は、バイクやジェットスキーぐらいしか一般向けの製品はないせいか、消費者への対策という意味では、よく言っても稚拙、悪く言えば高飛車すぎると感じる。

DSC_0031

 海岸沿いのレストランでランチをとってから、ハーバーランドで観光船に乗りこんで、40分ほどの港めぐりに出る。もちろん、狙いは川重と三菱の潜水艦工場を海から見ることだ。

 500 人乗りの観光船は、思った以上に工場の近くを航行した。
 「あれを見て下さい。ハーバーランドの大きな観覧車のすぐ向こうに黒い潜水艦が見えるでしょう。楽しい日常のすぐ隣に、戦争が隣接している。これが、神戸の象徴だと思うんです」
 高橋秀典さんは、こう指摘した。高橋さんが世話人を務めている、今日の主催団体の i ネットは、毎週、安保法制に関するシール投票などを行なっている。神戸では、同じように港町であるイスラエルのハイファ市とも姉妹都市協定を結ぶ動きもあり、高橋さんたちは関西のパレスチナ支援団体とも連携して、反対の意思表示をしていきたいという。

DSC_0073

 海から見ると、川崎重工のドックには「そうりゅう」型潜水艦が1隻収容され、岸壁には3隻の潜水艦が係留されていた。修理中なのか、新造艦の艤装をしているのかは、素人目にはよくわからない。
観光船のデッキでは、大阪から遠足に来た高校生たちが、「潜水艦だ、すごいすごい」と無邪気にはしゃいでいる。
 さらに船は港内を進んで、三菱重工・神戸造船所の近くを通る。ここでは2隻の潜水艦が係留され、修理を受けているようだった。海上自衛隊が保有する実戦用の潜水艦は17隻。そのうち6隻が神戸に停泊していることになる。まるで潜水艦基地だ。

DSC_0072

 NAJAT が作った横断幕を、ゲリラ的に船のデッキの側面に展開して、工場から見えるようにしようかという話も出たが、乗客が多くてやりにくい。その代わり、デッキの一角で、i ネット関係者が集まって記念撮影をすることにした。そのとき「潜水艦をオーストラリアに売るな!」と書いた横断幕を広げてみたら、高校生たちがいっせいに注目した。「えっ、日本が潜水艦をオーストラリアに売るの?それめっちゃ悪いやん!」と、自分から記念写真に収まって意思表示する生徒もいて、思いがけない交流ができた。

DSC_0102
 神戸では、小学生のときに誰でも一度はこうして「港めぐり」の船に乗るという。

「ああ、造船所には潜水艦があるんねんなと、子どもの頃から現状が刷り込まれているんです」と、主催者の一人、松本なみほさんは語った。潜水艦はいわば、神戸の地場産業のひとつ。神戸の三菱と川重の工場だけが、毎年一隻、自衛隊のために作り続けてきた。
 
 神戸というとおしゃれな街というイメージがあるが、これだけ施設が集中していると、いつか戦争が起きたとき、街ごと標的になる可能性も高い。そのことを、神戸の人々は意識しているだろうか。「ほとんどの市民は、まだ理解していないと思います。ですから、今日はアクションの第一歩です」

 引き続き、夕方からは三宮の神戸市勤労会館で、杉原さんが講師になって「日本を武器輸出大国にさせないために」と題した講演会が開かれた。朝から行動をともにしてきた人や、途中で一時離れて別の街頭署名に参加してきた人など含めて、40人ほどの市民が参加して、熱気のある講演会になった。

 杉原さんからは、世界の軍事費が4年ぶりに増加し、シリア空爆やサウジによるイエメン空爆によって武器貿易市場が活況を呈していることや、日本では 2004 年以来、ミサイル防衛に投じてきた税金は1兆5800 億円にものぼるのに、兵器としてはほとんど役に立たないことなど、NAJAT の活動を始めようと思った背景についての詳しい話が語られた。

DSC_0128

 「政府の解釈では、日本が武器輸出をしてはいけない紛争当事国は、世界のどこにも「存在しない」
そうです。これはおかしいですよね。シリアでは何十万人も死んでいるんです。かつての武器輸出三原則で書かれていたのは、「国際紛争を助長しない」ということでしたが、今の防衛装備移転三原則では、「国連憲章を順守する」ということに置き換えられています。こんなことは平和主義でもなんでもなくて、国連に加盟する時点で決まっている、当たり前のことです。武器輸出の制限として、何の意味もない原則になっています。実際には、国連安保理が禁輸対象国としている11カ国以外は、どこにでも輸出できる状態です」杉原さんはそんな状況を怒りをこめて報告した。参加者からも、軍需産業の労働組合のありかたや、アクションシートの使い方について、活発な質問が出された。

 オーストラリアは、4兆4千億円もの巨費を投じて、潜水艦隊を12隻に増強していこうとしている。これは一種類の兵器への支出としては、オーストラリア史上最大の予算だという。
 潜水艦は、通常動力の潜水艦であっても、使い方によっては原潜に匹敵するような攻撃兵器になりうる。前に、自衛隊で潜水艦長をしていた人の手記を読んだことがあるが、潜水艦探知が得意と言われる日本の海上自衛隊すら、水上艦艇から味方の潜水艦を探知することは極めて難しく、演習や実戦では、潜水艦の側が圧倒的に有利だという。

 どの国向けであれ、そんな潜水艦を輸出することは、海の軍事バランスにとって、必ず悪い影響を与えることだろう。安倍政権なら、それを「抑止力に貢献する」とでもいうのかも知れない。しかし、戦力の弱い国にとっては戦争をしにくくなるのなら、強い戦力・兵器を手にした側としては強気の外交交渉ができるようになるわけで、やはり戦争の危険は前より増す。もしくは武力の多い少ないが、公正さや道義より優先する国際社会になってしまうだろう。武器が平和をつくるなんて嘘に決まっている。

 幸い、オーストラリアへの売り込みは頓挫したようだ。けれども、三菱電機がイギリスとの共同開発を図る空対空ミサイル「ミーティア」改良型をはじめ、他にも日本の武器輸出はいくつも進んでいる。

 今回のような地元に密着したアクションでは、工場に勤める人々の目の前で行動するし、行動する人の身近にも、企業の関係者や、家族がいたりする。東京のような遠く離れた大都市で活動することも必要だけれども、たとえ規模は小さくても、こういった地元の活動のインパクトは大きいと感じた一日だった。生活の場で抗議を行うことには勇気がいる。それだけに、その抗議の意味は重い。

(報告:戸山灰/武器輸出反対ネットワーク)

拡散希望!緊急アクション・潜水艦輸出にNO

来る4/15、日豪共同訓練のために日本の潜水艦がシドニーの港に到着します。

このタイミングに合わせ、現在集めている署名の提出&抗議行動とツイッターアクションを行います。

【申し入れ】
「オーストラリアに潜水艦を売るな!4.15防衛装備庁申し入れ」
昼間に申し入れを行い、夕方18時より防衛省前で抗議行動を行います。

【(ツイッターアカウントがあれば)誰でも出来る!ツイッターアクション!】
以下のサンプルをもとにツイッターで意思表示をしよう!!
4/15にコピペしてツイートしてね。

私たちは潜水艦輸出に反対します#StopJapanArmsTrade @kantei @AbeShinzo @JMSDF_PAO @MofaJapan_jp

憲法9条をもつ日本の市民は潜水艦輸出に反対します#StopJapanArmsTrade @kantei @AbeShinzo @JMSDF_PAO @MofaJapan_jp

太平洋を平和の海に!潜水艦輸出反対!#StopJapanArmsTrade @kantei @AbeShinzo @JMSDF_PAO @MofaJapan_jp

Don’t buy submarines made in Japan!#StopJapanArmsTrade @TurnbullMalcolm @DeptDefence @MarisePayne @JulieBishopMP

We the Japanese people are proud of the Article 9 and oppose to trading the submarines made in Japan #StopJapanArmsTrade

The Pacific Ocean Should be a Peace Ocean! No to the submarine trade! #StopJapanArmsTrade @TurnbullMalcolm @MarisePayne @JulieBishopMP

以下の要素を好きなように組み合わせてツイートも出来ます。#StopJapanArmsTradeとハッシュタグをつけてください。

【文章パターン(日英6種)】
私たちは潜水艦輸出に反対します
憲法9条をもつ日本の市民は潜水艦輸出に反対します
太平洋を平和の海に!潜水艦輸出反対!
Don’t buy submarines made in Japan!
We the Japanese people are proud of the Article 9 and oppose to trading the submarines made in Japan
The Pacific Ocean Should be a Peace Ocean! No to the submarine trade!

【メンション先】
日本側
官邸 @kantei
安倍 @AbeShinzo
海上自衛隊 @JMSDF_PAO
防衛省 @bouei_saigai
外務省 @MofaJapan_jp

オーストラリア首相 @TurnbullMalcolm
外相 @JulieBishipMP
外務・貿易省(Dept of Foreign affairs and trade) @dfat
防衛大臣 @MarisePayne
防衛装備大臣 @DanTehanWannon
防衛省 @DeptDefence
駐日オーストラリア大使 @AusAmbJP

【緊急署名!】日本政府はオーストラリアに潜水艦を売るな!

20160321_change_banner

現在、日本が勝ち取るのではないかとされている対オーストラリア潜水艦輸出。
これまで「武器輸出三原則」のもとで実質的に武器輸出を禁じてきた日本ですが、政策を転換し、「防衛装備移転三原則」を定めました。

今や日本は、国策として武器輸出を進める国家―「死の商人国家」へと突き進もうとしています。

そこで、安倍政権による武器輸出の最初の大型案件として急浮上してきたのが、オーストラリアへの潜水艦輸出です。

オーストラリア政府が導入を予定している次期潜水艦12隻をめぐって、2016年現在、ドイツ・フランスの軍需産業とともに、日本の「そうりゅう」型潜水艦(三菱重工/川崎重工が製造)が受注を競っています。日本政府は2105年に発足したばかりの防衛装備庁を中心に、私たちの税金を注ぎ込んで潜水艦受注競争をバックアップしています。

輸出を止めるため、緊急署名を始めました。

是非とも署名&拡散お願いします!!
> 署名はこちら(change.orgのページが開きます)

★第一次集約:4月10日締切

売るな、潜水艦
―私たちは、日本が「死の商人国家」になる姿を見たくない。

日本は武器を輸出しない国であり続けて欲しい
―「Made in Japan」が平和産業の代名詞でありつづけるために。

「オーストラリアに潜水艦を売るな」「死の商人国家になるな」と、日本政府にあなたの声を届けてください!

●武器を輸出せずにきた日本
平和憲法のもと、日本は先進諸国の中では例外的に武器輸出を禁じてきました。
今日も紛争地では、さまざまな武器によって多くの命が奪われています。その武器のほとんどは、紛争地の外で製造されています。
今後も日本は、武器を売り戦争で儲けるような経済のありかたとは一線を画し、平和国家として、人々の生活を豊かにする民生品にかぎった輸出に徹していくべきです。

●安倍政権は武器輸出を国策化
しかし今、安倍政権は、これまで「武器輸出三原則」のもとで実質的に武器輸出を禁じてきた政策を転換し、従来とは正反対の内容を持つ「防衛装備移転三原則」を定め、国策として武器輸出を進める国家―「死の商人国家」へと突き進もうとしています。

●オーストラリアへ潜水艦を輸出?
その安倍政権による武器輸出の最初の大型案件として急浮上してきたのが、オーストラリアへの潜水艦輸出です。
オーストラリア政府が導入を予定している次期潜水艦12隻をめぐって、2016年現在、ドイツ・フランスの軍需産業とともに、日本の「そうりゅう」型潜水艦(三菱重工/川崎重工が製造)が受注を競っています。日本政府は2105年に発足したばかりの防衛装備庁を中心に、私たちの税金を注ぎ込んで潜水艦受注競争をバックアップしています。

●「Made in Japan」は平和産業の代名詞に
言うまでもなく潜水艦は、魚雷や対艦ミサイルを装備した兵器にほかなりません。今回、日本の官民連合が潜水艦を受注することは、日本が「死の商人国家」へと歩みを進めていく画期となってしまうでしょう。
日本が武器を輸出しない国でありつづけるために――「Made in Japan」が平和産業の代名詞でありつづけるために、一緒に声をあげてください!

<一次集約署名の提出予定日時>
この署名は、4月10日に一次集約した後、同月15日に内閣府と防衛装備庁への申し入れの際に提出する予定です。また、同月20日には国会議員へのロビイングを行いますので、その際にも署名を提出する予定です。

★お知らせ★ 防衛装備庁への申し入れにもぜひご参加ください!
2016年4月15日、最新鋭そうりゅう型潜水艦「はくりゅう」が日豪共同軍事演習に参加するため、海上自衛隊潜水艦として初めてオーストラリアに寄港する予定です。これは、同国の次期潜水艦をめぐる独仏との受注競争を意識したパフォーマンスに他なりません。この日、私たちNAJATは、防衛装備庁に潜水艦輸出を中止するよう申し入れを行います。賛同者のみなさん、ぜひご参加ください。

日時:2016年4月15日 18時~19時30分
場所:防衛省正門前(JR・地下鉄市ヶ谷駅、JR四ッ谷駅より徒歩10分)