新アクションシート完成!

武器輸出反対アクションシート6.0
「死の商人」をボイコット! 三菱電機は防空レーダーをタイに売らないで!

ダウンロードする
4月1日で武器輸出三原則の撤廃から丸4年。幸い完成品の輸出実績はゼロです。しかし3月、国家安全保障会議(NSC)による承認を受けて、三菱電機がタイ空軍の防空レーダー入札に参加。欧米の軍需企業と競っています。タイ政府は今春にも結論を出します。
もし受注に成功すれば、かけ声倒れに終わってきた武器輸出にはずみがつく恐れがあります。同社はすでに日英ミサイル共同開発にも参加しており、戦闘機から発射する新型の空対空ミサイルの輸出で利益を得ることを狙っています。
私たちは、武器輸出の“確信犯”になった三菱電機を止めるために、消費者としてボイコットすることを呼びかけます。商品の不買とハガキの力によって、安倍政権を武器輸出の実績ゼロで退陣させましょう。

レーダー輸出の3つの問題点

① 完成品輸出の最初の実績に
これまでは軍需企業の経験・ノウハウの不足や、「レピュテーションリスク」(評判の悪化による業績低下)を気にしたために失敗続きだった武器完成品輸出の初の「成功体験」となることで、武器輸出に拍車がかかります。

② 軍事政権への武器輸出
現在のタイは、2014年に軍がクーデターで政権を掌握した軍事政権です。民政移管は先送りされ、5人以上の政治集会が禁止されるなど、表現の自由や政治活動の自由は抑圧されています。憲法9条下での武器輸出自体が問題ですが、軍事政権への武器輸出は論外です。

③ 中国包囲網づくりで米国の戦略を肩代わりする
今回の武器輸出は、現在日本が進めている中古武器の東南アジア諸国への無償譲渡と同様に、米国主導の中国包囲網づくりの一部を肩代わりしようとするものです。かつて武器輸出三原則が掲げた「紛争を助長しない」との理念に真っ向から反しています。

もはや三菱電機製品不買しかない! 〈不買できる製品の例〉

液晶テレビ「REAL」
冷蔵庫「MXシリーズ」
アルカリ乾電池「EX」
掃除機「風神」
炊飯器「本炭釜KAMADO」
エアコン「霧ヶ峰」

ツイッターで拡散を!ハッシュタグを付けてつぶやいてください。
#三菱電機不買 #BoycottMitsubishiElectric
例:炊飯器買い換えるけど三菱電機はやめとこう #三菱電機不買

◆このアクションシートは、1枚10円でご希望の部数をお送りします。
ぜひ、身近な人たちに広めてください。送料は無料です。
→メールかお電話でNAJATまでお名前、送付先、枚数をご連絡ください。

メール anti.arms.export@gmail.com

広告