★川崎重工は軍用機を売るな!ニュージーランドは買うな! 7.27川重東京本社&大使館アクション

kawa_NZ.jpeg

【川崎重工東京本社前アピール】
◆7月27日(木)
◆12時~13時
[JR浜松町駅南口改札外に午前11時45分に集合]
場所:川崎重工東京本社前(臨海線「竹芝」駅1分、JR・東京モノレール「浜松町」駅7分、都営浅草線、大江戸線「大門」駅8分)
https://www.khi.co.jp/company/base/office_jp/tokyo.html

※昼休みの時間に横断幕などを掲げながら、社員にチラシを配布します。プラカードなど持ち寄り歓迎です。

【ニュージーランド大使館前アピール・申し入れ】
◆7月27日(木)
◆15時30分~
[渋谷駅ハチ公付近に15時10分に集合]
※タクシーで乗り合わせて行く予定。NAJATのノボリが目印です。
場所:ニュージーランド大使館前(東京都渋谷区神山町20-40)
http://www.embassyin.jp/new-zealand/

※大使館前で横断幕などを掲げて「輸入しないで」と訴えます。大使あての要請書も提出します。

———————————-

現在、武器輸出の大型案件として川崎重工が製造の中心となるP1対潜哨戒機とC2輸送機のニュージーランド輸出の動きが進行しています。

P1は潜水艦や艦船を探索したうえで、対艦誘導弾や空対地ミサイルなどで攻撃できる軍用機です。C2は武器、軍用物資や兵員の輸送を目的として開発された輸送機です。

2014年4月1日の「武器輸出三原則」撤廃から3年が経ちましたが、武器本体の輸出は、海上自衛隊の練習機TC90のフィリピンへの貸与のみに留まっています。自民党安全保障調査会は6月22日に稲田防衛相に提出した提言で、早くも「防衛装備移転三原則」の見直しを要求し、いらだちを露わにしています。

安倍政権が実績作りに動いていることは間違いありません。そして、オーストラリアの潜水艦商戦では慎重な姿勢を見せていた川崎重工は、今回、「川重40年来の悲願」として前のめりになっています。

この商戦に日本が勝利すれば、武器輸出に大きくはずみがついてしまうでしょう。逆にまたしても敗北するなら、大きなブレーキとなることは確実です。6月の神戸での川重の株主総会に対しては、神戸の市民が「死の商人にならないで!」とアクションを行いました。川重に対しては引き続き「武器輸出から撤退を」の声を届け、ニュージーランド大使館に対しては「武器輸入しないで」の声を伝えたいと思います。ぜひご参加ください。

※P1哨戒機については、既に「敗色濃厚」(7月9日、産経)と報じられています。C2輸送機についても、そして、ニュージーランド以外の国への軍用機輸出についても断念するように迫りたいと思います。

海自最新鋭・P1哨戒機のNZ輸出、敗色濃厚 防衛装備庁計画(7月9日、産経)
http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090012-n1.html

P1哨戒機の輸出 装備輸出で「連戦連敗」
受け身の参加、原因か 防衛装備庁の体制見直し急務(7月9日、産経)
http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090013-n1.html

哨戒機「P1」輸出へ布石。マクロン仏大統領「素晴らしい機体だ」
防衛装備庁、パリ航空ショー初出展(6月21日、日刊工業新聞)
http://newswitch.jp/p/9443

<日本製軍用機の輸出を止めよう!アクションシートはこちらから>
https://najat2016.wordpress.com/2017/01/17/revised_actionsheet/

広告