20160929_soudankai_01cut

国際航空宇宙展を武器見本市にするな! 10.15アピール行動

来る10月12日から15日にかけて、有明の東京ビッグサイトで「国際航空宇宙展2016」(主催:日本航空宇宙工業会 他)が開催されます。

%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e8%88%aa%e7%a9%ba%e5%ae%87%e5%ae%99%e5%b1%952016youtube%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e9%9d%a2

国際航空宇宙展では、航空宇宙業界の民生部門のみならず、軍事部門の展示や会合が堂々と行われます。海外からは、国際法違反のイラク戦争など多くの戦争で莫大な利益をあげてきたアメリカの巨大軍需企業であるロッキード・マーチン(屋外展示場にステルス戦闘機F35の実物大モックアップを展示)やレイセオン、大量の武器を輸出するためにサウジアラビアの王族に巨額のワイロを支払ったことで悪名高いイギリスのBAE、そして、日本との無人機共同研究への参加が打診されているイスラエルのエルビット・システムズなどが出展します。さらに、積極的に武器輸出に動いている三菱重工や三菱電機などの日本の軍需企業に加えて、防衛装備庁も民生技術の軍事転用を狙って、中小企業の出展などを行います。

シリアやイラク、イエメンやアフガニスタンなど、中東を中心に悲惨な紛争が続いている背景には、戦争で儲ける軍需企業=「死の商人」の存在があります。国際航空宇宙展が、空や宇宙を戦争のために使ってはばからない「死の商人」たちの商談の場となることを許すわけにはいきません。

まさに今この瞬間にも殺され、傷ついている海の向こうの人々の存在に思いをはせながら、精一杯の意思表示を行いたいと思います。可能な時間帯にぜひご参加ください。

※なお、国際航空宇宙展の開催に便乗して、10月11日~13日に航空自衛隊が、各国の空軍参謀長等の招へい行事を実施しようとしています。こうした動きにも警戒が必要です。
http://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H28/0902.pdf

<国際航空宇宙展2016>
https://www.japanaerospace.jp/jp/Index

報道向け取材案内はこちらから(PDF)
https://www.japanaerospace.jp/jp/newsInfo?id=65

PR動画(4分20秒)
https://www.youtube.com/watch?v=GTt8Z7cCLK4

・10月12、13、14日はトレードデー
(カード決済による事前登録が必要。事前登録2000円)
https://www.japanaerospace.jp/jp/tradeDay_evt.html
※「中東と東アジアが成長市場だ」との暴言で悪名高いマリリン・ヒューソン(ロッキードマーチンCEO)のあいさつや森本敏氏らが参加する分科会などあり。

・10月15日が一般公開のパブリックデー(9:30~17:30)
全出展者リスト https://www.japanaerospace.jp/jp/exhi_list?all=1#result
※前売り1000円、当日1200円(学生証提示は無料)で入場できます。

【アクション】
国際航空宇宙展を武器見本市にするな!10.15アピール行動

10月15日(土) 第1部 10:30~12:00 (10:30に集合)
第2部 14:00~15:30 (14:00に集合)
ともに、ゆりかもめの「国際展示場正門前」駅改札外に集合
なるべく会場に近づいてアピール
※横断幕、パネル、チラシ配布、マイクアピールなど
(問合せ・当日連絡先:090-6185-4407 杉原)

呼びかけ:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
メール anti.arms.export☆gmail.com ←☆を@に替えてください。
ブログ https://najat2016.wordpress.com/
ツイッター @AntiArmsNAJAT ※フォローしてください!
Facebook https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

広告