軍需企業巡り行います!

死の商人にならないで! 軍需企業めぐり
>チラシはこちら

三菱電機・鎌倉製作所▶ 富士通・本店 ▶ 東芝・小向工場▶ 三菱重工・本社

6月3日(金)午前11時 JR大船駅・南改札口前集合
主催 武器輸出反対ネットワーク
行動時間11時〜17時[予定]一部のみの参加も可能です。

安倍政権による武器輸出三原則の撤廃から 2 年。オーストラリアへの潜水艦輸出こそ落選したものの、他にも様々な武器輸出案件が進んでいます。
そこで、日本が「死の商人国家」になることを止めるために、まずは当事者である軍需企業を訪れてみることにしました。
どこで武器が作られているのか。そして、武器輸出に動く決定を下した本社はどこにあるのか。今回は工場 2 ヶ所、本社 2 ヶ所を訪ね、申し入れやアピールなどを行います。武器輸出の現実をより身近に感じる機会になると思います。多くの方のご参加をお待ちしています。
※一部のみのご参加も可能です。

事前申し込み先 (なるべく事前申し込みをお願いします)
メール anti.arms.export@gmail.com 電話 090-6185-4407 (杉原)

行くところ
1 三菱電機 鎌倉製作所[もより:湘南町屋駅]
空対空ミサイル「ミーティア」改良型の日英共同研究を行うとともに、日本向け F35 戦闘機の電子部品や偵察衛星の製造をしています。

2 富士通 本店[武蔵中原駅]
無線機、レーダー、赤外線センサーなどを生産。イージス艦用表示装置の部品をアメリカに輸出することを決めています。

3 東芝 小向工場[川崎駅]
東芝は誘導機器、レーダー、指揮統制システムなどを生産しています。グローバル化の一環として武器輸出を模索中。原発製造の拠点も川崎近辺にあります。

4 三菱重工 本社[品川駅]
日本最大の軍需企業。日米「ミサイル防衛」共同開発に参加し、米国向け PAC2 ミサイルを生産。日本向け F35 戦闘機の機体組み立ても開始しています。

主催:武器輸出反対ネットワーク (NAJAT) について
市民・NGO・学者・アーティストなどの個人と団体によるネットワークです。武器輸出に反対するために、デモなどの抗議行動、講演会、アドボカシー (政策提言) 活動を行っています。 私たちと一緒に、ボランティアとして広報、集会運営などを担ってくださる方はいませんか? ぜひ下記までご連絡ください。

広告